鉛筆の原木を加工し、スラットと呼ばれる板状にする際に付し止めの関係で短くなったもの(端材)が出ます。
この端材同士をジョイントさせ、一枚のスラットに仕上げ、再び鉛筆として製品化しています。

鉛筆製造時に出る削り屑(おがくず)を集め、圧縮加工機に入れてオガブロックという固形状にします。
このオガブロックは固形燃料として浴場やキャンプ場にて再利用されています。

トップページへもどる
© 2001 日本鉛筆工業協同組合,All right reserved.