シンは粉(こな)のコクエン(黒鉛)とねん土でできています。
コクエンとねん土に水をくわえて、よくかきまわしてまぜます。
コクエンが多いとこいシン、ねん土が多いとかたいシンができます。
コクエンとねん土と水が混(ま)ざった材料を、水てっぽうと同じしくみでおし出して、細いシンにします。
つぎに長さを切りそろえます。
シンはまだ羊かんのようにやわらかいじょうたいです。
そしてコロコロまわしながらかわかします。
1000度(℃)くらいの高い温度で約一昼夜(いっちゅうや)という長い時間をかけて焼(や)きます。
シンはかたいかたまりになります。
かたくなったシンに油をしみこませます。
なめらかに書けるようになり、折(お)れにくくなります。
これでシンは完成(かんせい)しました。

トップページへもどる

© 2001 日本鉛筆工業協同組合,All right reserved.