日本鉛筆工業協同組合に加盟する鉛筆事業者が製造する鉛筆・色鉛筆は日本工業規格(JIS)に基づいてつくられています
   我が国の鉛筆は、昭和26年(1951年)から品質の向上を目的に、諸外国に先駆けて木軸と黒しんに係る日本工業規格(JIS Z 6605)を制定しました。
   この規格によって我が国の鉛筆の品質が著しく向上するとともに、製造事業者は品質をさらに向上させるために技術研究にこの規格を大いに活用しました。
   また、鉛筆はJISマーク表示の品目に指定され、JISマーク商品の一般への普及に対して非常に大きな貢献をしました。

トップページへもどる

© 2001 日本鉛筆工業協同組合,All right reserved.